×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漫画考察 >> テキスト >> 正面の顔の描き方

正面の顔の描き方
描くのが苦手な人が多いといわれる正面の描き方ではどのような点を意識して描き進めると効果的かを思案してみようかと思います。


無意識で描いたもの

まず描き順を特別意識せずに、ふだんから描いた順で描いたものです。
無意識で描いた正面の構図
結構なデッサンの崩れとなりました。このように正面の顔は絵を反転させると狂いがより顕著になりますので自身で描いた後は紙を裏返し透かしてチェックしてみると良いかと思います。

で、この絵の描き順は向かって右側、耳の下辺りからぐるっと輪郭を描き左目、右目、鼻、口の順序でかきました。目立つ狂いとしては
・耳
・頬
・目の焦点
・髪型
あたりでしょうか。表情に生気が感じられないのはとりあえず別の機会にw

目から描き始める

次に以前、顔の描き順を変えることでデッサン力は上がるか?2で私の場合だと整合性の高い描き順ではないかとの方向性を示してみた目から描き始めた場合の絵です。
目から描き始めた描き順

とりあえず前者の方の崩れよりかは抑えられた出来ではないかと思われます。ただ、前回の段階でどこが狂っているかという修正指針は既に出ていたので、そこを意識した上で描いた分、描き順が違うから整合性が上がったとも言いがたいものではあります。実際一通り輪郭まで描いた後では目の配置がどうにもおかしく感じていたので描き直しを繰り返していました。最終的に目の配置を決めたときの感覚は下の画像の明るい部分の範囲の距離感を意識しての距離調整での配置となりましたので実質、描き順7まで出来上がったとこから再び8・9で目を描いたということにもなります。ただ、これも目の焦点がいまいち合っていなく、いわゆるカメラ目線が感じられません。
目の修正の際に意識した距離感

大事なのは描き順より意識付け?

まぁ、そんなわけでまだまだ技術不足が大きく方向性すら出すのは難しいのですが、方向性を見つけ出したとしてもやはりそれは意識付けを行った上で実現できるものでしょうからこうして無駄とも思える妄言も無駄ではないのかなと思いたいものです。

少なくとも最初の崩れよりは見直したことで整形度は上がったわけですから、見直すことでただ闇雲に描くことよりかは上手くなる要素はあがると思います。故に何が変かを意識付けした上で描きまくれば上達速度も上がりやすいのではないかなと。皆様もぜひ自分の絵を冷静に分析してはいかがでしょう。何気に、紙上ではあまり気付かない狂いがスキャナしてモニタ上に上がったら気付くというケースが私にはあったりもしますのでスキャナを所有している人で絵の上達が進まないと思っている方はお試しになってみるとよいかと思います。とりあえず今回はここまで。いずれ方向性出せるぐらいまでまた正面の顔の描き方はやってみたいと思います。最後にとりあえずカメラ目線にまでもってこれたラフ絵おあげておきます。
ラフ絵

- 広告 -

漫画考察 >> テキスト >> 正面の顔の描き方
Copyright © 2006- ShibainuFu-mi All Rights Reserved