×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漫画考察 >> テキスト >> 困った顔・泣き顔の描き方

困った顔・泣き顔の描き方
眉をひそめる表情といえば困った顔や泣き顔が代表されると思いますが、改めてこの眉をひそめる構造を整理することで困った顔、泣き顔の表情の基本部分を探ってみます。


困り顔、泣き顔の基本的特徴

まず、パっと困った顔の基本的なことで思い浮かんだ要素の部分を描いてみました。

困った顔1
困った顔2

2枚とも同じ画像にも見えますが、微妙に眉毛が違います。1枚目はいわゆる「逆ハの字」の形で2枚目は「逆アーチ状」の形をしています。そして左右の絵の違いは左側は目も上辺をやや下げ気味に目自体も若干細めてます。そしてアニメーションでマユと目の間隔を空けたり狭めたりとしています。

こうしてみるとやはり目の間隔は狭い時のほうが困ってる度合としては強い印象を受けます。そして個人的な感じとしてはそれに目を下げ細めたもの、マユが逆アーチ状のものの方がさらに度合いを強めている印象を持ちました。

困った顔:口の開け方のパターン
そして、口の開け方のパターンです。閉じたものから徐々に開いて最終的には下の歯まで見える状態な訳ですがやはり口が大きいほうが何らかのことに対して大きな反応をしている印象は強く感じますので当たり前ながらマユゲと口の開きで表情を調整していくのが基本となるようです。

いかにして感情がこもる表情になるか

今回の基本的なことは以前描いた怒る顔にも共通する部分が多いのか比較的早くに「こんな感じなのかな」とは思えたのですが、そこから先である感情のこもった表情が描けませんでした。そんなわけで今回はとりあえず自分なりに漠然と感情のこもった悲しい表情というのを描いてみて、そこから何が物足りないかってのを見つけて今後明確な練習材料にしてみたいなと思います。

そんな理由から描いたのがビジュアルページにある泣き顔なんですが「泣き叫ぶ」という表情を出したいと思ったのですが観ての通り物足りません。しばらくボーっと観てて思ったのは目が見開き気味なのかなぁと。泣き叫ぶの「泣き」とはいわばオロオロ状態での拒否反応だと思うのでその泣き叫ぶ事からは本来情報をシャットアウトしたいはずなので目はふさぎ気味なのではないかと。

で、次に口の開き方ですか。これはかなり感覚の問題なので読んでくださってる人に伝わるか怪しいところですが自分なりに泣き叫んだときの口の開け方ってのをやってみたんですが下あごのほうが重くて口が開いてるような感覚に思えてるんですよね。でもこの絵は上口のほうも開けている力を感じさせているのでなんか、違うなぁって。・・・・何いってるか解んなかったらすみませんw

そして最後にもっと何らかの効果線を顔に描けるんだろうなって。漫画では気で圧倒するみたいな描写があった場合そのキャラの顔を中心点としてフリーハンドでの集中線を顔にも描いたりってのがあったりしますので泣き顔、困り顔にも当然効果的な線が存在するでしょうからそれも今後探る必要性があるだろうという感じです。

そんなわけで、次回チャレンジのときはこれらを留意して描いていってみたいなと思います。

関連ページ:
ビジュアル/泣き顔
怒り顔の描き方

- 広告 -

漫画考察 >> テキスト >> 困った顔・泣き顔の描き方
Copyright © 2006- ShibainuFu-mi All Rights Reserved