×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漫画考察 >> テキスト >> 怒り顔の描き方

怒り顔の描き方
怒った顔を表現するには眉と目を吊りあげる表現が一般的かと思いますが
その他にどこのパーツをいじると変化がおきたりするのかを探ってみようかと思います。


工程1 怒り顔、虹彩有り

工程1 まず、パッと描いてみたものです。眉と目を吊り上げ、鼻っ柱の横アタリにシワを付け加えているわけですが怒っているというのは解りますが相手への威圧感としてはいまいちな印象も受けます。

工程2 怒り顔、虹彩無し、瞳位置変更

続いて、工程1の絵をいじってみた絵です。左右微妙に違いがあるのですが右のほうが眉と目の間隔が狭いです。そして工程1との違いはまず白く輝いてる部分であった虹彩を消し、瞳を据わらせ瞳の下側に白目のスペースを作ったことと瞳孔を猫のように縦に細長くしたことです。

工程1の絵と比べれば相手に対する敵意というのは伝わってきます。ただ、一方で工程1のほうが感情のこもり具合という印象では工程2の絵よりも上という感じもします。なぜ、そのような印象を受けるのかというと工程1は瞳の下に白目を作らないことで視界の焦点をまっすぐ前にドシっと据えている感じがして視野を広くして見つめているようにも見えます。

それに対し工程2は瞳を据わらせたことでいわゆる「ガンを飛ばす表情」であり、同じ前を見るでも上目遣いということもあり上の方向を焦点を狭めロックオンしているかのような見つめ方な印象に見えます。そして、目と眉の間隔を狭めるとその度合いが高まるのではないかな、と。さしずめ、工程1のような怒り方は超王道的な正義感溢れる主人公が理性を失いことなく正しい目的を遂行するための信念を持ちつつ怒るときの顔。工程2は悪役だったり、理性を失いがちなスタンダードな怒り方のときに描くと良い怒り方の描き方なのかもしれません。
工程2-1 工程2-2

工程3 瞳を小さくすると?

今度は瞳を小さくしてみました、左から瞳孔がネコ型、小さめ、大きめとなってます。どちらかというよりも怒りより悪い知らせに対する驚きの表情という感じもします。「なんだってーーー!!!」みたいなw怒り要素としてみると格上の人間が下のものに対して一喝するようなときの表情に使えなくもないかなというところでしょうか。その場合一番ピンとくるのは瞳孔大き目のやつでしょうか。ということは、瞳孔が大きいほうが威圧感としては高いのかもしれません。
工程3-1 工程3-2 工程3-3

まとめ

以上のことをまとめると
・訴えかけるような怒りは瞳はきっちりと前を見据える
・切れるような、一般的な怒り方は目を据わらせ焦点を一点に集中させる。
・威圧感を出すには瞳孔を大きく
との要素ということでしょうか。ビジュアルページの方にあるフラッシュがこれを受けて誰かに怒っている表情というのを描いてみた感じです。

関連ページ:ビジュアル/怒り顔

- 広告 -

漫画考察 >> テキスト >> 怒り顔の描き方
Copyright © 2006- ShibainuFu-mi All Rights Reserved