×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漫画考察 >> テキスト >> 初めての漫画の描き方

初めての漫画の描き方
ここでは、マンガを描きたいけれど、まだ書いた事がなくて 準備の仕方がよく解らない人を対象に必要な道具や、 制作を進めていく上での基本とされる事項を列挙しています。


必要な道具

漫画用原稿用紙、ネーム用紙(ノート・コピー用紙など)、定規(35cm以上を推奨)、ペン軸とペン先(またはサインペン)、黒インクもしくは墨汁、ペン先を拭くもの(ティッシュ、いらない布など)、消しゴム、鉛筆、修正液、トーン、カッター、へらもしくはスプーン、ベタ用ペン(筆・筆ペン・太いサインペン)以上の物がそろえば漫画は描けます。後は存分に自らのアイディアを紙に表現するだけです。

プロット・ネーム作成

紙に表現するだけとは言いましたが、実際にはいきなり漫画原稿用紙という良い紙を使ってしまっては話を書き進めている内に気が変わって「やっぱこっちにしたい」なんて思ったときに今まで描いてきたものを消しゴムで全部消していくなんて作業は大変なのでぺらぺらの安い紙のほうに適当にコマ割りをして、キャラとセリフを描いていきます。いわば原稿用紙に鉛筆で描く下書きのさらなる下書きといったところですね。

いわゆるこれを「ネーム」と呼びます。また、フキダシのセリフ自体もネームと呼ぶことがあるので混同しないようにしてください。さらにこの段階より前に舞台設定のあらすじや、キャラクターの性格設定などを文章にしておいたり、やラフ絵を残しておくことを「プロット」と呼びます。プロットから始める人、ネームから始める人、これは人によって異なり、自分の進めやすい方から始めます。 アイディアが中々思いつかない人はプロットを作成して何日も練ったり、アイディアがわんさか頭の中で渦巻いて、混乱することもないような人ならネームからみたいな感じでしょうか。

原稿用紙へ

ネームが描き終わったらいよいよ原稿用紙に鉛筆で下書きを描きます。作業的には1ページ目から最終ページまで鉛筆で描ききって清書と呼べるペン入れを1ページ目から最終ページまで。消しゴムかけを1〜最終、ベタ塗りを1〜最終、トーン貼りを1〜最終と言う感じで1ページの下書きが出来たらすぐにペン入れ、消しゴム、ベタ、トーンと一枚一枚、完成させるのではな各工程を1ページから最終ページまで行っていく方が効率的とされます。ただ個人的な意見としては消しゴムかけのところはずっとだとかなり手に力がかかり腱鞘炎になりやすいかも、と思ったりするのでここは各ページのペン入れが終わったらそのページの消しゴムかけを個人的にはやっていました。もし、真似る場合はインクが乾ききっていることを確認してからやるようにしてくださいね。

下書き

原稿用紙の作業では第一工程である下書きですが、さらに下書きで最初にやる作業となるとコマ割り、要するに定規で線を引いていくわけですがこのコマとコマとの感覚は一定であり、横との間隔が狭く縦との感覚が広いというのがスタンダートなっています。これは次に移動するコマが横であるケースが多いからという理由なようです。ちなみに私の横のコマとの間隔は2o、縦5mmです。段落は4段が多いです。このような間隔を測るのは漫画原稿用紙にはメモリがついてるのでアタリをつけるのは容易ですが無地の画用紙・ケント紙では自分で上下に幅のチェックを入れてから線を引くことになるので手間がかかります。プロではインクのノリとかでこだわる人はケント紙を使う人もまだまだいるようですけどね。そしてここからさらに描く順番はあまり今まで見聞きしたことがないのですが私はネーム(フキダシ)→キャラクター→背景の順で書いています。

ペン入れ

清書作業と呼べるペン入れですが、ペン先には色々種類があり、筆圧のかけ方によって太い線細い線が描けるわけですが漫画で代表的といわれるものはGペンやスプーンペン、細い線用には丸ペン、スクールペンあたりでしょうか。当然個々によって使い勝手が違うので余裕があれば色々なペン先を試してみるのもよいでしょう。

どれも使い勝手が悪いとなればサインペンでも構いません。実際プロの方でもサインペン(製図ペン)を使用している人もいるようです。好みの太さのペンを3種類ぐらい買っておくとよいかと思います。インクのタイプは耐水性がいいです。なお、コマ割り用の線の太さとして0.8ミリのペンも買っておくとよいでしょう。カラス口という器具に墨・インクを入れて線を引くのもありますがやや高価な上、乾くのを待つのも面倒くさいしペンで十分かと。

ペン先で描く人の場合もインク・墨汁をつけるということで乾くのに時間がかかります。あたりまえのことですが次のコマを描いてるときにまだ乾ききってないところに腕が触れてしまわないように注意しましょう。サインペンでも書いた直後は多少は湿っていますの同様の注意は必要です。ですのでペン入れの場合私は左利きなのでコマの進行どおりに右上のコマから描いていけるのですが右利きの人は左上から描いていく方がいいでしょう。

消しゴムかけ、ベタ塗り、修正

ペン入れが完了してインクも乾いているようなら消しゴムをかけて鉛筆の線を消していきます。漫画雑誌に投稿する場合はフキダシの中の文字は鉛筆のままです。消しゴムをかけた後は髪の毛など黒い部分をベタ塗りします。

私はぺン入れをサインペンで行っているのでベタ塗りは毛筆型の筆ペンを使っています。ペン先を使用して線を描いた人はつけペンな訳ですからインクボトルなどもあるでしょうからただの筆でインクをつけて塗っても構わないですしお好みの方法でやってみてください。私は毛筆でないくにゃくにゃした安い方の筆ペンで塗ったら妙にむらが出たり髪の毛のような細い部分は上手く塗れなくて、事前に狭いところはサインペンで塗りつぶす二度手間が必要だったので、やめてただの筆での塗りつぶしは筆にインクをつける量が多いのか塗った部分に艶が出てテカリが激しく乾きも遅いということで毛筆型の筆ペンに落ち着いたといった感じです。

そしてここの工程の最後にはコマの枠より線が飛び出していたり、塗りつぶしが少しはみ出していたりなどの少々のミスがあるようでしたら修正液や修正テープで直します。ただし、後で貼るトーンの部分にある場合は修正液などを使うとその部分はボコっと膨らんでいるので貼ったとき変な感じになるのでその場合は諦めて描きなおすか、カッターや砂消しゴムでその部分を削り取りましょう。私の場合少々の線の飛び出しなら修正液は使わず全てカッターで削り取っています。カッター・修正液でまかなえないようなミスは素直に書き直しましょう。投稿作品の場合、ミスしたコマの部分を切り取って切り張りした修正などでは印象が悪くなります。

トーン貼り

いよいよ、これを完了させれば漫画として出来上がるわけですがこれは何といわれると裏面に粘着性のある透明のフィルムにドット状(点々)で形成された模様が描かれており余白では殺風景過ぎてベタでは暗過ぎるといった感じの部分に貼り付けていくものです。よくある使い方としてはではブレザーの制服や茶髪の髪に貼り付けられていたりします。このトーンの種類には何百以上もの種類がありその種類は番号がふられているのでそれで区別していくのですがよく使われる番号は「61」と「63」が代表的なものです。

トーンの使用方法としては外装フィルムから取り出すと半透明の台紙にくっついたトーンが出てきますのでまだ台紙からはがさずにそのまま貼り付けたい部分の上にあてがい貼る部分よりも一回り大きく切り取り台紙からはがし、原稿用紙の上に軽くおき、原稿用紙まで切らないよう注意しながら貼りたい線に添って切っていきます。なぞる線がなくて上手く切り取れない場合は一回り大きい段階でそのトーンに鉛筆でラインを描いておきその内側を切っていくといいです。鉛筆の上を切ってしまうと鉛筆の粒子で原稿が汚れてしまうので注意を。消しゴムで消そうものならトーンまではがれてグチャグチャになる可能性があります。切り取りが完了したら空気が入らないようへらを使ってこすり紙に密着させます。へらがない場合はスプーンの背中を使い貼り付けます。

後は、完成した原稿を思い切って投稿するか、身近な人に見てもらって客観的な感想を聞くことが上達の近道にもなります。

関連ページ:初めての漫画技術

- 広告 -

漫画考察 >> テキスト >> 初めての漫画の描き方
Copyright © 2006- ShibainuFu-mi All Rights Reserved