×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漫画考察 >> テキスト >> 服の描き方

服の描き方
服を描くといっても厚手のものから薄手のものまで様々ありますが、まずは基本的な事柄をふまえて今後描く上での指針になりそうな方向性を考えてみました。


写真を参考に描く

服の絵 とりあえず、実際の写真画像を参考にある程度いじりつつ、描いた服の絵です。見本があるだけに極端な崩れはないとは思いますが、気になるとしたら向かって右の足の靴によって盛り上がってる部分の裾とモモ内側の膨らみ具合、そして向かって左上の一番膨らんでる部分あたりでしょうか。とはいえ、やはり何も見ないで描くよりかは上達させる効果はありそうです。勿論ずっと模写では意味がないのでしょうが、少なくとも衣服の基本構造ぐらいは頭の中に記憶できるようにぐらいにはなりたいものです。

たとえば、この絵のパンツファスナー付近の縫い目とか各線を二重に引いてるわけですが、自分が子供の頃描いてた絵にはこんな縫い目描きもしないし、それから少し立った頃はただ1本の線を引いてという段階があったりしてます。このように単純に縫い目を二重に描くだけでも少しクオリティが上がって見えたりもするものなので、とにもかくにも観察眼の意識を持つことは重要でしょう。

資料はどこで見つける?

では、実際に参考とする資料ですが手っ取り早いのは新聞のチラシだったり通販のカタログだったりだと思います。本屋で無料で置いてる所は結構あるので行ってみるとよいです。なかったらニッセンなど申し込めば送ってくれるところもあります。ネットの画像を眺めて間に合うのであればそれで全然良いんですが。

ところで、服を描く前に体の輪郭を描かずに直に服を描き始める人っているんでしょうか?もしそれで、狂っているというのであれば資料以前にまずはボディラインのアタリを描くことをお勧めします。小学生時代とかは直に服を描いてることが多いかと思いますが、立体感が出ず、すっごい平面的に見えてました、俺の場合。袖の裏側の空洞部分とか描くことはなかったですw

今回の絵に関して

今の自分の場合はボディラインを元に服の輪郭を取り、そして中側のしわを描く訳ですがこれは多ければ・少なければ良いというわけでもなく、各々の絵柄にマッチした描き込み度が望ましいので一概に言えるものでは有りません。以前、写実度の高い絵を目標に描いていたときに「服が変」と、思ったことがありましたが、どうやら顔のデッサン度に比例しせず、服のしわ自体が少ないから違和感があったのかもしれません。

それに対して今回の絵は顔自体マネキン状態なこともあるのか、線は少ないままですが違和感のあったそれよりは違和感ないです、パーカーのボディ部分など全くシワは描き込んでいないのにもかかわらず。シワは当たり前ですが重なったりへこんでいる部分の描写で描くものなので、今回レベルでのたるみならボディ部分にはシワはいらないと判断しました。よりたるんだ服ならそこら辺に強くだぶつきが発生するのでしわを描くことにはなりましょう。丁度パンツのすそがだぶつきが強いのでそんな感じでしょうか。これは靴によって裾が押し上げられてるのでこのような形になるわけです。右側も上手く出来るようにしなきゃ。。。。(ーー;)

基本的に私のシワの表現方法は現状2パターンしかなく、ただ線を引いたものとUターンするように引いた線が戻ってくるものです。ただ引いたモノは折り返しの表現で、Uターン線はくぼんだ(へこんだ)線の表現です。で、ただ引いた線を服の輪郭の揺らいだ部分に沿わせる様に2本引けば服の盛り上がった部分の表現にしてみたりという感じです。

なんか今回は当たり前のことしか描いてないような気もしますが、何気に顔の写実度に合った服の写実度にするというのも見落としがちになりそうなものです。皆様もお気をつけあそばせ。

- 広告 -

漫画考察 >> テキスト >> 服の描き方
Copyright © 2006- ShibainuFu-mi All Rights Reserved